2020年09月17日

第2回菜の花会議を開催しました

DSC_9563.JPG

毎年2月12日の菜の花忌の時期に、街を彩る菜の花。それを育てている「春一番に菜の花忌の会」のメンバーが集まって、今年2回目となる会議をおこないました。
まずは毎年、種を用意してくださっている「東大阪市を緑にする市民の会」から「春一番に菜の花忌の会」へ、種が贈られました。

DSC_9555.JPG

そのあと、大阪府八尾土木事務所から土づくりや育て方に関するミニ講義も開かれ、皆さん真剣に耳を傾けていました。
来年も立派な花々が少し早い春の訪れを知らせてくれるのを楽しみに……。
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 11:55| 日記

2020年09月15日

新企画展はじまりました

9月15日から、新企画展「歳三と竜馬はどこですれ違ったか――。『燃えよ剣』と『竜馬がゆく』」を開催しています。
展示ケースの壁面には歳三と竜馬、二人の行動を追った年表と、小説の挿し絵や印象的なフレーズが広がり、作品の世界をたっぷりと堪能していただけます。
二人のすれ違いの場面が描かれた初公開の自筆原稿や、作品の中にも登場する歴史資料など、見所たっぷり。ぜひお越しください。

DSC_9544.JPG
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 11:01| 日記

2020年09月11日

バーク堆肥到着

元気な菜の花を育てるのに必要不可欠なバーク堆肥が、今年も記念館に到着しました。
毎年、東大阪市公園環境協会が用意してくださっているこの堆肥は、市内の公園や道路の樹木を剪定したときに出る枝や葉を小さくカットし、時間をかけて発酵させた手作りの堆肥です。500袋入りの大袋がクレーンで吊り上げられ、駐車場の片隅に設置される光景はなかなか見もの。

ここから、来年の菜の花忌に向けて菜の花を育ててくださる地域の皆さんの元へとわたっていきます。

DSC_9487.JPG
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 12:34| 日記

2020年08月18日

お盆最終日

0816館長トーク.JPG

8月16日(日)、館長トークを地下ホールで行いました。コロナ禍により自由参加から事前申し込み制になってからのはじめての開催。座席を減らしたため、せっかくお問い合わせいただいたのに、お断りした方も。
およそ70名の参加者を前に、上村洋行館長は、コロナにからめて『胡蝶の夢』に触れ、次いで『城塞』の舞台となった大坂城と司馬遼太郎のこと、映画「城取り」(原作『城をとる話』)をめぐるエピソードを語りました。
ひさしぶりに館内が活気づいたお盆最終日でした。
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 11:54| 日記

2020年07月25日

そばの花が咲き始めました

今年6月の初めにまいたそばの種がぐんぐん育ち、ついに花が咲き始めました。
この種は山形県の遊佐町が贈ってくださったもの。東北や北海道のイメージが強いそばの種が、大阪でも育つかな?と思っていましたが、立派に(?)成長。ピンクがかった5ミリほどの白い花がちらほらと見られるように。夏の終わりには実を収穫できるでしょう。お蕎麦1杯分くらい獲れたらいいのですが…。

DSC_9306.JPG

DSC_9310.JPG
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 14:13| Comment(0) | 日記