2018年06月01日

記念館周辺でいきものの写真を撮りませんか

小阪・八戸の里街なみ会議は、記念館、府、市、布施高校などが参加して、この地域を魅力あるものにしようと活動しています。その一環として、毎年写真展を開催し、今回で6回目となりました。
今年のテーマは「わが街のいきものたち」。記念館へ来る道すがら、「いきもの」(植物でも動物でもなんでもOK)を撮って応募しませんか。8月に展示会を開催、優秀作品には賞品もありますよ。今月30日応募締切です。
くわしいことはこちらから http://www.shibazaidan.or.jp/topics/machinami18_photo.html

2018ikimono.jpg
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 10:49| 日記

2018年05月26日

記念館交流ツアーに行ってきました

記念館は毎年、司馬作品ゆかりの地をめぐる交流ツアーを企画しています。
今年は5月14日から21日にかけて、『アメリカ素描』と『街道をゆく ニューヨーク散歩』の風景を訪ねました。
日露講和条約締結の地ポーツマス、アメリカ独立戦争発祥の地ボストン、そして世界経済の中心地ニューヨーク。特別に入場を許可された場所や、サプライズゲストの参加、思いがけない方からのメッセージなど…今回も記念館主催ならではの特別な旅となりました。
旅の詳細は7月20日発行の「遼」68号に掲載されますので、お楽しみに!
今までの交流ツアーの行き先は下のリンクからどうぞhttp://www.shibazaidan.or.jp/event/archive/lecture_tour.html#tour
blog-コロンビア大学.jpg
司馬遼太郎が講演をおこなったコロンビア大学のLow Memorial Libraryの前で

posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 18:19| 日記

2018年05月19日

第22回司馬遼太郎フェローシップ募集

皆さま、「司馬遼太郎フェローシップ」なるものがあるのをご存知でしょうか?
これは、21世紀を担う若者たちの知性に大きな期待と希望を抱いていた司馬遼太郎の想いを継承した助成プログラムで、満16歳から25歳の方であれば、国籍を問わず誰でも応募することができます。
司馬遼太郎の作品からインスピレーションを得て、もっと知りたい!調べたい!と思ったことがあれば、それに向けての調査・研究計画を日本語2000字以内にまとめて記念館へお送りください。
「なんだろう」「どうしてだろう」と自分が興味をひかれたテーマであれば、どんな分野でもいいのですよ。
締め切りは9月末。選考結果の発表は11月下旬です。
選ばれた方は計画を1年以内に実行し、その内容を「菜の花忌シンポジウム」で発表していただきます。
自分のやりたいことを形にできるチャンス!皆さまからの応募をお待ちしています!
詳細情報や過去の受賞企画はこちらから http://www.shibazaidan.or.jp/fellowship/

Fellow_B5チラシのコピー.jpg

posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 11:19| 日記

2018年05月16日

安藤忠雄さんの特別講演会開催が決定!

【受付は終了しました。ありがとうございました。6/2】

7月11日(水)に安藤忠雄さんの特別講演会を記念館ホールで開催することが決まりました。前回お招きしたのは2016年3月。この時は1日に2回講演いただきましたが、どちらの回も超満員でした。
今回のテーマは「人生100年、豊かに生きる」。世界を舞台に活躍を続ける安藤さんならではの、とても貴重なお話をぜひお聞きください。(今回もたいへん多くの申し込みが予想されますので、お早めに申し込みください!)

photo by 林景澤.jpg
photo by 林景澤
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 14:11| 日記

2018年05月10日

英語版『世界のなかの日本』が登場

blog-世界のなかの日本.jpg
『世界のなかの日本 十六世紀まで遡って見る』の英語版が、一般財団法人出版文化産業振興財団より先月、刊行されました。
以前に出版された英語版『日本人と日本文化』と同じ出版社で、日本文化を広く発信するために、各国の大学図書館や研究機関などに寄贈されます。もちろん、日本でも購入可能。記念館でも取り扱っていますので、ご興味のある方はお問い合わせください。通信販売も可能です!
(TEL:06-6726-3860 FAX:06-6726-3856)
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 11:37| 日記