2018年12月08日

『竜馬がゆく』 翻訳チームの一人が全米図書賞を受賞

『竜馬がゆく』の英語版翻訳チームのおひとり、マーガレット満谷さんが翻訳を手掛けた多和田葉子著『献灯使』が、米国の権威ある文学賞のひとつ、「全米図書賞」の翻訳文学部門を受賞しました! もちろん多和田さんの文章があってこそですが、マーガレット満谷さんの翻訳技術の素晴らしさが窺い知れます……。
『竜馬がゆく』の英語版、『RYOMA!:The Life of Sakamoto Ryoma: Japanese Swordsman and Visionary』は、最近第2巻が配信され始めたばかり。今は電子書籍のみですが、いずれは紙の本でも出版される予定です。全4巻の完成が待ち遠しいですね。

posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 15:59| 日記