2019年01月31日

菜の花を設置しました。

DSC_3753.JPG
1月26日から27日にかけて、記念館館内と記念館周辺の街かどに、菜の花を設置しました。
27日の朝、布施高校食堂に街の皆さんが集まり、挨拶と打ち合わせ、それから記念館園芸ボランティアのリーダーと共に各場所に分かれて設置開始。
気温は低かったものの、天気は晴れ、高校生の皆さんは戸惑いながらもリーダーの指示のもと、プランターを運んだり、雑草を抜いて、水をやったり。
2時間ほどで作業は終わり、食堂に戻って記念館スタッフ渾身の手作り豚汁とおにぎりでほっと一息。
まだ菜の花は全体で3割ほどの開花状況ですが、これから菜の花忌にむけて、ますます街が黄色に彩られることでしょう。
どうぞ皆さん、菜の花の街においでください。
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 13:44| 日記

2019年01月19日

郵便局長さんたちが大掃除

DSC_3568.jpg

DSC_3569.jpg

今年も東大阪市や八尾市の郵便局長さんたち41名が集合して、記念館の庭と周囲を大掃除してくれました。
おそろいのオレンジ色の「局長ジャンパー」を着て、それぞれの担当場所を手際よく作業。若い局長さんが多く、側溝や雨どいなど、力がいる場所、高い場所もなんのその。
私たちがふだん清掃できない場所も、すっきりきれいになりました。
局長の皆さま、朝早くからありがとうございました。
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 13:55| 日記

2019年01月18日

「遼」70号を刊行しました

blog-ryo70.jpg

記念館会誌「遼」の第70号を刊行しました。
今回は昨年12月に決定した第22回司馬遼太郎賞の受賞者である朝井まかてさんの「受賞のことば」や、選考委員の方々の選評、そして作家の安部龍太郎さん、考古学がご専門で関西外国語大学教授の佐古和枝さんの講演録を収録。読みごたえ充分の内容です。
そして第20回目の交流ツアー「『街道をゆく』平戸から長崎へ」の募集要項も。
ご興味のある方は今すぐチェックを!
会誌の詳細、通信販売はこちらからhttp://www.shibazaidan.or.jp/ryo/
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 14:13| 日記

2019年01月12日

震災展示が始まりました

今日から「司馬遼太郎と阪神淡路大震災」を記念館1階エントランスで開きます。

24年前の1月17日、阪神淡路大震災が起こりました。司馬遼太郎は被災された方々へ、希望をもって立ちあがられることを願ってメッセージを送りました。
エッセイ「市民の尊厳」「持衰」の自筆原稿とともに、司馬遼太郎の「ことば」をメインに展示します。
この展示は全国文学館協議会の加盟館で、さまざまな災害を風化させないために実施する「3.11 文学館からのメッセージ」に賛同して行うものです。
小さな展示ですが、司馬遼太郎の「ことば」にこめられた想いを感じてください。
3月17日(日)まで。
(『梟の城』展も同時開催中です)

DSC_3543.JPG
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 09:46| 日記

2019年01月09日

館長トークと菜の花プレゼント

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
早速ですが、菜の花忌(2月12日)館長トークのお知らせです。午後2時から。詳しくは
こちらhttp://www.shibazaidan.or.jp/event/index.php#event3
この日に向けて街の皆さんが育ててきた菜の花が1月末から街や記念館にあふれます。
黄色に染まった街を鑑賞しながら、記念館においでくださいね。
お帰りの際には菜の花をおすそ分けします(笑)。

菜の花忌館長トーク2019.jpg
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 10:23| 日記