2018年10月29日

新企画展がはじまりました

blog-梟の城展.jpg

本日より、新企画展「『梟の城−−あらためての忍者の世界」がはじまりました!
『梟の城』は司馬遼太郎の最初の長編小説。物語冒頭部分の原稿や、直木賞受賞時の写真、執筆当時使用していた文机などとあわせて、伊賀流忍者博物館よりお借りした忍具の数々を展示。忍者の世界が展示ケースいっぱいに広がっています。来年の5月6日まで。
今週末11月3日(土・祝)には、「司馬遼太郎と『梟の城』」について午後2時から館長がお話します。申し込みは必要ありませんので、お気軽にお越しください!

posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 15:11| 日記

2018年10月27日

館長が東京で講演します

なかなか記念館に来られない関東圏の方に朗報です。
当館の上村洋行館長が、12月1日(土)午後2時から世田谷区の北沢タウンホールで「司馬遼太郎がみた近代化―江戸から明治へ」という演題で講演します。
料金は無料、事前申込制です。くわしくはこちらから(世田谷区役所HPにリンクしています) http://www.city.setagaya.lg.jp/event/1991/d00161342.html
申し込みは11月5日(月)まで。お急ぎください!
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 14:50| 日記

2018年10月26日

中学生が記念館で職業体験

181026.JPG
種まき前に、高校生の前で自己紹介しました(右から3番目)

10月24日から3日間、記念館に職業体験学習の中学生がやってきました。
箕面の中学校にも関わらず、一人で東大阪の記念館を体験先に選んだのは、歴史が好きだから。
小学校で『竜馬がゆく』を読んでから歴史がとても好きになり、将来は歴史学者になりたい、とのこと。
ボランティアの皆さんと一緒に活動をしたり、職員と展示に使う台を作ったり、また布施高校で「菜の花委員」の高校生たちと種をまいたり…。
ボランティアの皆さんも私たちも新鮮な3日間でした。学者への道の途中で、今回の体験を時々思い出してくれたら、と願っています。



posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 17:43| 日記

2018年10月20日

遼69号発行

blog-ryo69.jpg

会誌「遼」の第69号を発行しました。
今回は1996年に『小説新潮』に掲載された、司馬遼太郎と青森県出身の作家・長部日出雄さんの対談を収録。さらに、宝塚歌劇団で演出を手掛けられている石田昌也さんの随想、今年6月に記念館でおこなった佐藤優さんの講演の講演録も読むことができます。グラビアページでは新企画展「『梟の城』−−あらためての忍者の世界」を紹介。読みごたえ充分!の内容となっています。
友の会会員でなくても購入可能です。
詳しくはこちらからどうぞhttp://www.shibazaidan.or.jp/ryo/
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 00:00| 日記

2018年10月19日

司馬遼太郎記念学術講演会のお知らせ

blog-gakujutukouenkai.jpg

毎年、大阪大学の主催でおこなわれている「司馬遼太郎記念学術講演会」。
今回は千田嘉博さん(奈良大学教授・城郭考古学者)が、「司馬文学とお城」をテーマに講演されるそうです!講演の前には大阪大学の学生によるビブリオバトルも。一体どのようなお話と戦いが繰り広げられるのか……、これは見逃せません。
今回は初めて豊中・大阪大学の中の大学会館(旧イ号館)で、午後5時半から開催されます。
締め切りは10月25日(木)ですので、ご興味のある方はお早めにお申し込みください!
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 13:44| 日記