2018年04月03日

連続講演会講師紹介@

記念館では、毎年春と秋に3回ずつ連続講演会を開いています。
今回は春の第1回目の講師、阪口純久(さかぐち・きく)さんをご紹介します。
阪口さんは料亭・大和屋の女将で、司馬遼太郎と共に財団法人上方文化芸能協会の発足に尽力され、2000年には大阪市市民表彰を受賞されました。
大阪・南の花街に明治10年に創業した「大和屋」は、多くの政財界人や文化人に愛されました。上方芸能文化を間近で見てきた阪口さんが、その成り立ちや変遷についてお話します。あまり聞く機会のない花街のお話、是非お越しください!
講演会は4月21日土曜午後2時から。2回目の鹿島茂さん(5/26)、3回目の佐藤優さん(6/16)の講演会とセットで、チケットを販売しています。
お申し込みは記念館事務局(TEL:06-6726-3860 FAX:06-6726-3856)まで。

2018 前期講演会pos -縦2ホムペ用.jpg
posted by 司馬遼太郎記念館事務局 at 18:03| 日記